yokoブログ

有用な情報を発信する事を目的として記事を書いていこうと考えています

ライティング

読めば文章の質が高くなる【ライティング】

投稿日:

このライティングの記事を読み実践することで、文章の質が高くなります

ライティングをする上で重要なポイントが4つあります。
今回は重要なポイント4つを解説します

目次

ライティング後にチェックする5つのポイント

1.常に読者主体でかけているか 自我を意識していないか

2.分かりやすい言葉をつかっているか?

3.感情を刺激しているか

4.手紙やメールを書くように書いているか(ペルソナ・ターゲット像)

5.読むことで得られるベネフィットがあるかどうか

日本語を正しく覚える意味

日本語の基本構成 

5つの要素

見やすい文章の構成術

❍見やすい文章の黄金比

❍誰に?何を?どんなベネフィットを?何をしてもらいたいのか? 

ライティングテンプレート3つの法則

QUESTの法則

AIDMAの法則

PASONAの法則

 

 

ライティング後にチェックする5つのポイント

1.常に読者主体でかけているか 自我を意識していないか

読者に寄り添った文章を意識する

例文

1 「イベントの告知もしているので興味のある人はぜひ参加して下さい」

2 「イベントを開催しているので興味のある人は是非参加して下さい」

一見どちらの文章も問題ないように見えますが
1の例文は、告知について知らない人が読んだ時に迷いが生まれます

なので2の例文のように誰が読んでもついていけるような文章を書いていくと良いです。

 

2.分かりやすい言葉をつかっているか?

専門用語、難しい言葉を使っていないか

誰でもわかるような文章にするため、できるだけ専門用語や難しい言葉ではなく誰にでもわかるような単語を選ぶことで読者から読まれやすいです。

どうしても使わざるを得ない時は()や※で補足を追加すると言いです

 

3.感情を刺激しているか

例文

1 「コロナの影響で、どこにいってもマスクが売切れで手に入りません」

2 「マスクが店頭から消えるなんて、想像していなかったです。たまたまコンビニで
  見つけたらなんと!美容のためのマスクだったんです。これから美肌目指します」

どちらもマスクが売ってなかったという事実でした

ですが2の例文では、裏で美容のマスクは売っていたことを書いています
なので読者が想像、共感しやすい文章になっています。

読者がイメージしやすい文章にすることが重要です。

4.手紙やメールを書くように書いているか(ペルソナ・ターゲット像)

言葉遣いを統一する

「~です」「~ます」口調で書いていたのに突然、「~だろう」「~だ」のように
口調が変わってしまうと読者に悪い印象を与えてしまうので注意して下さい

 

5.読むことで得られるベネフィットがあるかどうか

最後まで読んだ時に、満足感や変化を与えられているか?

例文

1 「この文章を読むとコピーライティングが上達します」

2 「この文章を最後まで読むと、コピーライティングに必要な考え方と4つの
   テクニックを身につけることでコピーライティングが上達します   」

どちらもコピーライティングについての文章です。

2の例文は文章を読むことで、読者にどのようなベネフィット(利益)があるか具体的に分かります

ベネフィットが明確に表記されていると読者に喜んで読んでもらえます。

 

 

日本語を正しく覚える意味

日本語の基本構成

口語 文語

口語 = 話し言葉 例:御社

文語 = 書き言葉 例:貴社

 

大まかに分けると5つの要素に分けられます

主語 ~は、~が、~も

述語 文末にある

装飾語 殆どの文書の中は装飾語 どんな、何を、どのように

接続後 しかし、だが、つまり

独立後 さぁ、はい

例文

駅前のカフェで仕事をしながら友人を待っていた。
しかし、突如店外から聞こえた”キャーッ”という叫び声に
自分の体は、気がつけば席から立ち上がり走り出していた

主語 述語 装飾語 接続語 独立語

この例文では

主語は「身体は」の部分になります

述語は「待っていた立ち上がり走り出していた」です

接続語は「しかし」です

独立語は「”キャーッ”」になります

その他の文は装飾後になります

日常的に使っている日本語ですが、このように要素に分けて考えてみると難しいです。

5つの要素(主語、述語、装飾語、接続後、独立語)は文章に必ず存在します

なので、5つの要素を意識すると格段にライティングスキルが向上します

  

見やすい文章の構成術

見やすい文章の黄金比

文字数:一文平均52文字の中で句読点は1.5個

行数:平均2.5行

カナのバランス:ひらがな7、漢字2、カナ数字1

フォント:明朝系よりもゴシック系

 

文章を構成する時には

誰に?

何を?

どんなベネフィットを?

何をしてもらいたいのか? 

この4点をを明確にさせてから書き始めないと、伝わらない文章になってしまうので結果的に読者の反応がないようなことになります。

誰に?

自分が書いている文章が誰に向けて書いているかを想像できないと読み手に文が深く突き刺さることはありません。

なので、何かを書く時は明確な顧客像(ペルソナ)を立てて書きましょう

ペルソナ(顧客像)の立て方

例:年齢 性別 仕事 年収 悩み 願望

 

何を?

ライターは商品やサービスを完結かつ明瞭に説明していく必要があります

売り込みたい商品の内容を誰よりも理解することが重要です。

他のものとは何が違うのか?(独自性)

規模感

再現性(今までの実績者の成果)

得られる事象(ベネフィット)

成果を出すまでに必要なもの(知識、スキル、経験、時間)

最新性(世界初なのか、最新テクノロジーなのかなど)

この要素を可能な限り多く明記することで分かりやすい文章になります。

どんなベネフィットを?

ベネフィットを明確にすることはとても重要です

~ メリットとベネフィットの違い ~

メリットとは

その商品の表面的な特徴を表すもので、いわゆる機能性価値と呼ばれるもの

ベネフィットとは

その商品で得られる問題解決後の生活や、心を満たす体験の事で、
いわゆる情緒的価値と呼ばれるもの

商品とメリットとベネフィットの構造

商品とメリットとベネフィットの構造

実際の商品やサービスに見られるメリットとベネフィットの違い

メリットとベネフィットの違い

商品をライティングする時は、メリットを確認して得られるベネフィットを書いていくと読者から理解されやすいです

  

 

何をしてもらいたいのか?

要求が明確でないと意味がない

要求を明確にして行動を促すことで文章にメリハリができて読まれやすくなります

 

 

ライティングテンプレート3つの法則

100年以上の歴史があるライティングで偉大な先人達が残したテンプレートを3つ紹介します

QUESTの法則

Q (Qualify) = 宣言(約束)をする

U (Undaerstand) = 理解を示し共感を得る

E (Educate) = 教育する

S (Stimulate) = 刺激を与え興奮させる

T (Transition) = 行動を促す

例文

このライティング記事を閲覧しているあなたは、

ライティングの基礎を身につけることができることを確約します。

きっと今まで文章を書くことが苦手だったかと思います。

その気持ちは本当に良く分かります。なぜなら私もそうだったからです。

ただ、その場に尻込みしていてはいつまで経っても書けるようにはなりません。

今すぐ行動しない限り、1年後も5年後も全く同じ人生を歩むことになります。

それは生きながら思考停止していて、アリ以下の存在になっているのと同じなのです。

もし、それが嫌なら今すぐこのライティング記事を最後まで閲覧して学んで下さい。

そうすれば、ライティングの基礎知識は身につき以前よりも圧倒的に書けるようになります。

テンプレート通りに当て込んでいけば簡単に文章が作成できます。

 

AIDMAの法則

A (Attention) = 注意、注目を集める

I (Interest) = 関心、興味を引き出す

D (Desire) = 欲求を引き出す

M (Memory) = 記憶(過去)から未来への期待値を上げる

A (Action) = 行動させる

例文

今からあなたの脳みそを再生不可能なくらいに破壊します!

と物騒なことを言いましたが、実はそれくらい衝撃的なお話をあなたにしたいと思っているんです。というのも、この記事を最後まで見るだけで、
100年の歴史からなる偉大なる先人たちが残したライティングテンプレートをマスターすることができるというお話についてです。

どうですか?100年の歴史が知りたくないですか?

それにこの話は小手先の話ではなく、どんなにライティングができない人でも、
実際にライティングができるようになるので、実際にテンプレートを利用しているのです

もし、そんな魔法のような話に興味があるのであれば、この記事を最後まで閲覧して下さい

この例文を見ると、プロモーション系で見かける人は多いのではないでしょうか?

よく出来ているプロモーション系のライティングにも実はテンプレートが存在しました。

 

PASONAの法則

P (Problem) = 問題を提示する

A (Agitation) = 問題点の根拠、理由を示す

SO (Solution) = 問題点の解決策を提案する

N (Narrow down) = 限定性、緊急性を与える

A (Action) = 行動させる

例文

そろそろ反応がないブログを卒業しませんか?

毎日毎日ブログを書いているのに、一向に最後まで読んでくれる人が増えない、
ただ、それがあなたのせいではないとしたら、、。

今回の記事は今まで反応がなかったブログを完全に克服し、
CVRが高い反応率が高いブログが書けるようになります。

ただ、この記事は1日しか公開していません。

なので、もしブログの反応を少しでもあげてキャッシュを稼ぎたい。
もっともっといろんな人に読んでもらえるようになりたい。
と思うのであれば、この記事を最後まで読むことをオススメします。

3つのテンプレートを紹介しました。

最後の行動喚起はどのテンプレートも同じですがそれに至るまでが異なります。

商品に見合ったテンプレートでライティングすると質が高い文章をさくせいすることができます。

 

まとめ

今回は質を高めるための方法を解説しました

閲覧してくださった方は、後は実践するのみです。

インプットしただけでは身につかないので積極的にアウトプットすることをオススメします。

-ライティング
-, , , , ,

執筆者:


comment

関連記事

ライティングで使える知識

ライティングをする時に有効な技法を解説します 全て覚えるのは大変なので1つ1つゆっくりと実践していくと身につきやすいです   目次 修辞技法 修辞技法の種類 ・比喩(直喩、隠喩、換喩、象徴喩など) ・ …

ストレスフリー文章の作り方(ライティング)

今回は、ストレスフリーな文章を作るためのポイントを解説します 目次 句読点 黄金比 敬語 二重敬語 句読点 句読点のルール 1.主語を明確にするためにつける 2.重文、複文を分けるために使う 3.接続 …

コピーライティング

コピーライティングとは? 人間心理を深く理解して言葉で読者の行動を変えること コピーライティングができるようになるとどうなるのか? 思ってること、伝えたいことを伝えることができるようになります    …