yokoブログ

有用な情報を発信する事を目的として記事を書いていこうと考えています

最近の自動車

ポルシェEVタイカン・ターボS

投稿日:

 

皆さんはポルシェと言われてどんな車を思い浮かべますか?

私(ヨコ)はポルシェ911を思い浮かべます。フラット6でRRのポルシェ独特のデザインの車が印象的です。

          ポルシェ911 カレラ

しかし時代は少しずつではありますが、EV(電気自動車)に移行しつつあるようです

今回は最近のポルシェEV タイカン・ターボSについての記事です

Engadgetの記事を要約すると

1.ポルシェEVタイカン・ターボはフル充電での航続距離は約323kmだった。
  しかしそれは期待していた数値よりも少なかった。

2.ポルシェEVタイカン・ターボS(上位モデル)の航続距離は約308km。

3.タイカン・ターボSの価格(約2077万円)を考えると性能が低いのではないか?
  (上の記事では例としてテスラModel S Performanceモデルと比較している)

4.ポルシェの顧客希望者は「ポルシェらしさを求めている」求めている性能が異なるため
  大した事ではない

 

ポルシェの車を実用的に乗る人はかなり少ないような気がします

晴れた日に愛車のポルシェでドライブ

大事な人と出かけるような時にポルシェで行く

サーキットや峠で性能をフルに引き出して走行する

そんなイメージではないでしょうか?(日常的に乗っている人がいたらごめんなさい)

そのため航続距離、加速性能よりもポルシェらしさを追求していくのは理にかなっている気がしますね

ポルシェは航続距離、値段よりも乗る人を楽しませることを第一に考えているようで私(ヨコ)はとても賛同できます

憧れの車がいかにECOだとしても乗っててストレスが溜まるようでは買う意味がないですよね。

 

最後に

ポルシェの顧客がそこまで航続距離を意識していないとしても
EV(電気自動車)の走行可能距離は気になる問題です

加速性能では遥かに圧倒しているEV、乗り心地や、トラブルなど問題はありますが
今後普及していくのは時間の問題だと思います

まだまだ発売されて間もないEVですがこれからの進化が楽しみです。

閲覧頂きましてありがとうございました

-最近の自動車
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GRスープラのインテークパーツが登場!

グループMというメーカーがGRスープラ用のインテークパーツを発売するようです。 お値段は 16万8000円 今回は①ラムエアーとは何か?②ラムエアーシステムを導入することのメリット この2つについて書 …